[厳選]auひかりキャンペーン発表

auひかり代理店|㈱ベストサポート評判とキャッシュバック内容

auひかりをWEB申込みできる代理店に
株式会社ベストサポートという会社があります。

キャンペーンページを開くと、
「どどーーん」と87,500円キャッシュバックの文字が飛び出し、
ページをスクロールして読み進めていくと、
とても動きのあるサイトで魅力的な印象です。

株式会社ベストサポートでauひかりを申込むと、
どのような特典があるのでしょうか?調べてみました。

ベストサポートとは?

代理店関係者に話を聞きました。
現在はベストサポートという社名で運営していますが、
以前はワイズリープという社名だったそうです。
ベストサポート、またはワイズリーブという社名は
auひかり回線を販売・営業するときに使用している社名で、
大本は株式会社シナジーという[アウトバウンド・コールセンター]などを
事業展開している会社だということです。

社名 ㈱ベストサポート
住所 大阪府大阪市中央区南本町2-2-9
事業内容 インターネット接続サービス
その他インターネット開通事業
HP https://kddi-hikari.net/
社名 ㈱シナジー
住所 大阪府大阪市中央区南本町2-2-9辰野南本町ビル7F
事業内容 コールセンター
WEB開発
コンサルティング
マーケティング
HP https://www.synergy-corp.jp/index.html

今現在も同じ手法なのかは定かではありませんが、
以前までは電話でauひかりの勧誘をしていたようです。

ネットで口コミ情報を探してみると、
「夜9時以降にいきなり電話がかかってきた」
「フレッツ光から乗り換えてとしつこく勧誘された」
などの声を確認することができました。

良い評判が無いか探してみましたが、
残念ながら見つけることはできませんでした・・・。

気になるキャンペーン内容

キャンペーンサイトに書いてある
キャッシュバック金額は87,500円・・・ですが、
もちろん、この金額を全部現金で受取れるわけではありません。

キャッシュバックのカラクリはこうです。
① auひかりスタートサポート 最大30,000円
② 初期費用割引 最大37,500円
③ プロバイダ特典 最大20,000円

これからの合計金額が87,500円になります。

auひかりスタートサポート

このサービスは公式キャンペーン特典なので、
ベストサポートで申込みしなくても受けられるものです。

auひかりスタートサポートとは、他社インターネット回線利用中の方が
auひかりに乗り換える際に発生する違約金を、最大30,000円まで負担してくれる特典。

適用条件は、ホームタイプ・ずっとギガ得プランと
固定電話(オプション)の加入だそうです。
つまり、マンションタイプは対象外となります。

初期費用割引

auひかり開通にともなう工事費1,250円(電話利用料-500円含む)×30ケ月分、
合計37,500円が割引されます。その分をキャッシュバックと表記しているだけです。

現金で支給されるわけではありません。
月々の利用料金から割引されるだけなので注意しましょう。

くり返しになりますが、
これからの特典はベストサポートに限らず、
公式もしくは他の代理店で申込みしても受けられる特典です。

現金キャッシュバック

実際のところ直接現金がもらえる
本当のキャッシュバック金額は最大で20,000円です。
これはホームタイプを契約した場合の金額になるので、
マンションタイプとなると半分の10,000円に減額されます。

支給されるのは契約するプロバイダからです。
つまり、ベストサポートからはキャッシュバックされる金額は
実際のところ0円ということになります。

※プロバイダはソネット・ビッグローブなど
※契約プロバイダによって還元金額が変動する

まとめ

「ベストサポートからauひかりを申込みして大丈夫?」
そう聞かれると、ちょっと返答に詰まります。

なぜなら、
他にもっと条件のよいキャンペーンがあるからです。

代理店A 代理店B ベストサポート
キャッシュバック 50,000円 43,000円 20,000円
ホームページ NNコミュニケーションズ ㈱NEXT https://kddi-hikari.net/

ベストサポートのキャンペーンサイトには、
キャッシュバックの支給方法や時期などが全く書かれていません。
これからサイト内容が改定されるのかもしれませんが、
ザックリとした内容しか掲載されておらず[申込みボタン]と
問合せ電話番号が載っているだけです。

個人的には「これでは不安で申込めない」という印象を受けます。
いつか機会があれば実際に電話で問合せしてみたいと思いますが、
キャッシュバック金額も少ないので注目するほどの
キャンペーン内容ではないか・・・?と思います。